引越し 単身 相場

残念な引っ越し

会社の同期の引っ越しを手伝いました。

 

転勤が多い会社だったので、同期同士で転勤のたびに手伝ったり、手伝ってもらったりするのが当たり前でした。

 

着任日がずらせず、スケジュールに余裕がない友人の引っ越し。

 

そんな友人が運悪くインフルエンザにかかってしまいました。

 

当然引っ越しの準備をする気力もない友人。

 

引っ越し当日の朝、同期4人で乗り込み、段ボールやビニール袋に私物をつめつめ。

 

引っ越しに手慣れた人間が4人も集まると、梱包・運び出しの早いこと早いこと!

 

段ボールの組み立て、梱包、家具のばらし・・・。

 

ドアストッパー効かないから養生テープで留めといてー、運び出しバケツリレーねー、慣れって怖いねー、なんて話をしながらあっという間に荷物持ち出しが完了しました。

 

作業をしていない部屋に閉じ込めていた、ぐったりした友人に空になった部屋を見せ、友人を車に乗せました。

 

いざ、移動。

 

東京から山梨までの移動です。

 

わたしは友人を助手席にのせ、友人の車を運転しました。

 

冬だったので、山梨に近づくにつれ、雪が積もっている景色が見え始めました。

 

新居に着いたのは良いのですが、入居している前任者が荷物を運び出しておらず、友人の荷物の開梱ができないというまさかの展開。

 

結局、荷物を下ろすだけ下ろし、さらにぐったりした友人と布団を乗せ、トンボ帰りしたという残念な思いです。

関連ページ

思い出の写真
一人暮らしの引越なら、単身パックを利用して相場より安く引越ししよう。一括で出来る便利な引っ越し依頼サービスがあります。